引越しの際に便利なハウスクリーニング・不要品処分

不要品処分

hikkosi

不要品処分とは、引越や大掃除などによって家の内外から排出され、もはや不要となった品物を始末することである。

最近は、未婚化や少子化の増加に伴い、高齢者の一人暮らしが増えている。そのために、身のまわりの世話が困難になり、亡くなったあとに膨大な不要品を処分せざるを得ない場合がある。

個人では始末することができないので、身内や関係者はハウスクリーニング業者などに連絡して処分を依頼した方がよい。トラックを用いるので、大量の処分が可能となる。

効率の良い不要品処分

huyouhin

引越しに伴う不要品、廃屋やごみ屋敷の整理・掃除、大掃除やリフォームで入りきらなくなった物、オフィスの移転や閉店・廃業に伴う不要物の処理にはかなりの労力と時間がかかるため、専門の不要品処分業者に任せてみるのも一つの方法である。

一般的には、作業を依頼された後に見積もりを出して作業を開始するのであるが、時間が無い場合など連絡後最短30分程度で不要品処分作業を終える業者もいるほどである。

不要品処分の料金は、全作業込みで追加料金なしという設定が多いようである。

不要品処分の方法

不要品処分とは不要品を処分することであり、その方法はいくつかある。

一つは地域のルールに従って普通に捨てることである。二つ目はオークションやフリーマーケットで販売する方法で、これは購入者は必要な物を普通より安く購入でき、また販売者も多少の利益を得ることができるため、互いにとっていい方法だといえる。三つ目は被災地や海外の貧しい地域に送る方法で、例えばいらない本や服を集めて送るという例がある。

どの方法も不要品の処分としては正しいが、限られた資源を活用するためにも捨てる以外の方法を選択することを考えてもいい。